Home> 安全への取組み

【 安全への取組み 】

STRATEGIES TO IMPROVE SAFETY

  
安全への取組み
 

幸栄流通では安全を最優先に環境問題も意識し、地域社会から必要とされている企業を目指しています。
最新の車両安全機器の充実はもちろんですが、2か月に1度の安全大会を行うことで、従業員の安全への意識を高めています。
乗務員の安全・安心の運転なくしてわが社の事業は成立しません。これからも安全・安心への取り組みをより一層徹底しています。

  



  
高いレベルの安全教育の実施

初期の同乗研修はもちろん、交通事故防止コンサルタントやJAPPAドといった外部講師を定期的にお呼びして、ドライバー全員に安全運転の座学研修や事故事例の共有、ドライバー同士での意見交換を徹底しています。

■研修時の風景

■研修時の意見交換


■添乗指導

■車両点検教育


  
安全のための車両設備

ドライブレコーダー、デジタルタコグラフを全車搭載しております。
その他にもバックモニターや衝突軽減ブレーキを導入しており、安全のための車両設備を強化しています。
ドライバーには安心で安全に走っていただけるよう全力でサポートしております。

■ドライブレコーダー

■デジタコ


■バックモニター

■衝突軽減ブレーキ


  
これまでの安全・環境に対するわが社の実績

社団法人全日本トラック協会による「Gマーク制度(貨物自動車事業安全性評価事業)」の認定を受けています。その他にもグリーン経営認証を受けています。日々の安全、環境への取り組みが認められた結果と自負しております。

■Gマーク安全認定

■グリーン経営認証を受けました


■大阪トラック協会に感謝状をいただきました